応援に感謝♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村
ぽち!っと押してください。ランキングが上位になって更新の励みになります(*^_^*)

旬の花時計

プロフィール

花湖(はなこ)

Author:花湖(はなこ)


  • おごと温泉「びわ湖花街道」マスコットガール

  • お客様に笑顔の気持ちになっていただくことが大好き♪

  • 大好きな言葉は「一期一会」

最新記事

コメントに感謝♪

twitter

携帯版QRコード(^_^)

QR

花湖のお気に入りです♪

ご訪問に感謝♪

RSSフィード

気になるお天気


-天気予報コム- -FC2-

夢を叶えるための名言



presented by 地球の名言
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近江八幡といえば水郷めぐりが有名ですね。
滋賀県近江八幡市の北東部に位置する西の湖を中心に、
水郷をゆっくりと船でめぐる時間は訪れた人に都会の喧騒を忘れさせてくれます。
「春色 安土八幡の水郷」として琵琶湖八景の一つにも数えられており、
近江八幡の水郷、茨城県の潮来、福岡県の柳川と合わせて
日本の三大水郷と呼ばれています。

水郷めぐり

その水郷めぐりの船乗り場から市街地の方へ向かうと
歴史ある近江八幡の町並みが見えてきて、
さらに時代劇の撮影地としてもよく使われる八幡堀も見えてきます。

水郷めぐり2

実はこの八幡堀は国土交通省が選定した「甦る水百選」のひとつに選ばれています。

天正13年(1585)に豊臣秀次が八幡山に城を築き、
城下町ができたことから八幡堀の歴史は始まると言われています。
秀次は堀を城の防護のためではなく、琵琶湖とつなぎ湖上を往来する船を
城下内に寄港させるために造らせました。
八幡堀は大津港~長浜港、大津港~今津港の中継貿易点のような役割を果たし、
物や情報の集積地として、さらに楽市楽座制を実施することで城下が
大いに活気づいたと言われています。

水郷めぐり3

しかし戦後、高度経済成長期になると、区画整理や工場の誘致など都市整備が活発化、
また琵琶湖総合開発による琵琶湖の水位低下や生活排水の流入により水質が悪化しました。
さらには人々のライフスタイルの変化から、昭和30年代には市民にも忘れられた存在と
なったこともあり、ついには衛生的観点からも八幡堀は埋め立てる計画が進められました。

水郷めぐり4

この動きに歯止めをかけたのが地元の近江八幡青年会議所でした。
昭和47年より近江八幡の全市民に復元を呼びかけ活動を始まり、
最初は協力者が少ない中での活動でしたが、徐々に応援する人が増え
ついには市民と行政の協力により今の姿へと回復を遂げました。

その水環境の回復と保全の活動が認められ、
「甦る水百選」のひとつに選ばれています。

水郷めぐり5

今も近江八幡の誇れる歴史と文化のひとつとして、
そして滋賀の観光スポットとして、観光客も年々たくさんの方が訪れています。
スポンサーサイト
1994年(平成6年)に読売新聞社が読売新聞創刊120年を記念した企画で
『新・日本の街路樹100景』という百選があります。

日本国内の印象的で素晴らしい街路樹の景観が100か所選ばれているのですが、
滋賀県で2か所選ばれている内の1か所が高島市にある
「マキノ高原のメタセコイア並木」です。

メタセコイアの並木

この並木、マキノピックランドからマキノ高原へ続く道路沿いに延長2.4キロにわ たって、
約500本のメタセコイアが植えられています。

雪のメタセコイヤ


春の芽吹き・新緑、夏の深緑、秋の紅葉、冬の裸樹・雪花と
美しい円錐形のメタセコイア並木とまっすぐに延びる道路が造り出す対称形の整った景観は、
遠景となる野坂山地の山々とも調和し、訪れる人々を魅了しています。

秋のメタセコイヤ




続きを読む »

今日は近江八幡へ行ってきました。
ちょうど滋賀県の中心に位置する近江八幡市。
すぐ近くに織田信長が安土城をたてたことからもわかるように、
地理的にも重要な場所で、続く豊臣家が城を立てたのもうなずけます。

豊臣秀次(豊臣秀吉の甥)が八幡山に城を築いたのは天正13年(1585年)。
400年の歴史が息づく町並みなんですね。

DSC_0002.jpg

「京街道」というのは、戦国時代、旧来の中山道が安土城下を経由しないため、
織田信長が岐阜城から安土城を経由して京都に向かう道として整備したもので、
江戸時代に入ると将軍専用の道となり、例外的に朝鮮通信使だけが通行を許されたことから
「朝鮮人街道」とも呼ばれています。

DSC_0001_20130616105418.jpg

奥に見える山が八幡山。
今はロープウェーで山頂まで上がることが出来ます。

DSC_9999.jpg

続きを読む »

今日3月10日はびわ湖開きの日。
いろいろなセレモニーが行われ、
恒例の一日船長はNHK連続ドラマ「カーネーション」から
「小原三姉妹」の次女・直子役を演じる川崎亜沙美さんが
任命されて黄金の鍵を投下されていらっしゃいました。

夜には別のイベントで、東日本大震災の犠牲者への鎮魂と
被災地復興の祈りを込め、1000本のろうそくを点灯する
「一希一灯会(いっきいっとうえ)」が催されるということで、
行って来ました。


ビアンカ

夜の大津港は昼とは違ってすごい雰囲気があります。
リニューアルされたビアンカが停泊していて、
華麗な姿をみせています。

千個

大津港から少し南に進むと、イベントの準備の真っ最中。
千個のろうそくを入れる筒がならんでいます。

実行委員長

このイベントは「まちづくり大津」と浜大津観光協会の主催。
参加者は、直径4センチのろうそくに点灯して湖岸に並べ、
全体で横20メートル、縦1・5メートルのメッセージの光が
浮かび上がるという趣向です。

続きを読む »

琵琶湖の北端にある木ノ本町。
古くから日本海からの物資を琵琶湖を通じて京へ送る
北国街道の宿場町として賑わった歴史のある町です。
また賤ヶ岳の戦いなど、戦国時代の歴史の舞台となった
地域でもあります。

今日は木ノ本町にある、冨田酒造さんの酒蔵へ行って来ました。
当館でもお出ししている近江の名酒「七本槍」で有名な酒蔵です。

店外観

木之本町はどっぷり雪景色。
このあたりは北陸に近い気候で、冬には結構雪が積もります。
にしても今年の雪の量はすごいとのことでしたが・・。

冨田酒造の歴史は古く、創業450年以上、冨田さんで15代目という老舗。
蔵にある扁額には、北大路魯山人が冨田家に投宿した際に書いた
「七本鎗」の文字が刻まれているそうです。

樽

この時期は酒の仕込みで大変忙しい時期、
無理を言って、酒蔵の見学をお願いしました♪

酒樽

下の写真は蔵内にある井戸。
奥伊吹山系の伏流水を使われているとのこと。

井戸

米麹・清酒酵母のアルコール発酵によってできた「清酒醪(もろみ)」を、
清酒醪をろ過してお酒と酒粕に分ける作業を「搾り(しぼり)」と言います。
下の機械は自動搾り機とでもいうのでしょうか。

絞り機

続きを読む »

| ホーム |


 ホーム  »次のページ


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。