応援に感謝♪

にほんブログ村 旅行ブログ 旅館へ
にほんブログ村
ぽち!っと押してください。ランキングが上位になって更新の励みになります(*^_^*)

旬の花時計

プロフィール

花湖(はなこ)

Author:花湖(はなこ)


  • おごと温泉「びわ湖花街道」マスコットガール

  • お客様に笑顔の気持ちになっていただくことが大好き♪

  • 大好きな言葉は「一期一会」

最新記事

コメントに感謝♪

twitter

携帯版QRコード(^_^)

QR

花湖のお気に入りです♪

ご訪問に感謝♪

RSSフィード

気になるお天気


-天気予報コム- -FC2-

夢を叶えるための名言



presented by 地球の名言
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近江八幡といえば水郷めぐりが有名ですね。
滋賀県近江八幡市の北東部に位置する西の湖を中心に、
水郷をゆっくりと船でめぐる時間は訪れた人に都会の喧騒を忘れさせてくれます。
「春色 安土八幡の水郷」として琵琶湖八景の一つにも数えられており、
近江八幡の水郷、茨城県の潮来、福岡県の柳川と合わせて
日本の三大水郷と呼ばれています。

水郷めぐり

その水郷めぐりの船乗り場から市街地の方へ向かうと
歴史ある近江八幡の町並みが見えてきて、
さらに時代劇の撮影地としてもよく使われる八幡堀も見えてきます。

水郷めぐり2

実はこの八幡堀は国土交通省が選定した「甦る水百選」のひとつに選ばれています。

天正13年(1585)に豊臣秀次が八幡山に城を築き、
城下町ができたことから八幡堀の歴史は始まると言われています。
秀次は堀を城の防護のためではなく、琵琶湖とつなぎ湖上を往来する船を
城下内に寄港させるために造らせました。
八幡堀は大津港~長浜港、大津港~今津港の中継貿易点のような役割を果たし、
物や情報の集積地として、さらに楽市楽座制を実施することで城下が
大いに活気づいたと言われています。

水郷めぐり3

しかし戦後、高度経済成長期になると、区画整理や工場の誘致など都市整備が活発化、
また琵琶湖総合開発による琵琶湖の水位低下や生活排水の流入により水質が悪化しました。
さらには人々のライフスタイルの変化から、昭和30年代には市民にも忘れられた存在と
なったこともあり、ついには衛生的観点からも八幡堀は埋め立てる計画が進められました。

水郷めぐり4

この動きに歯止めをかけたのが地元の近江八幡青年会議所でした。
昭和47年より近江八幡の全市民に復元を呼びかけ活動を始まり、
最初は協力者が少ない中での活動でしたが、徐々に応援する人が増え
ついには市民と行政の協力により今の姿へと回復を遂げました。

その水環境の回復と保全の活動が認められ、
「甦る水百選」のひとつに選ばれています。

水郷めぐり5

今も近江八幡の誇れる歴史と文化のひとつとして、
そして滋賀の観光スポットとして、観光客も年々たくさんの方が訪れています。

<< 牛肉サミット | ホーム | よし笛&ギター ミニコンサート >>

コメント

コメントの投稿

URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。